2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

Sympathy2013

シンパシー2013、行ってきました。
hibiya.jpg
関西住まいなので、関東のイベントには全く行かないのですが…

ファンタシースターBGMがフルオーケストラに、そんなことを聞いてじっとしていられる訳がありません。

この機会を逃せば二度とコンサートは開催されないかもしれない、そう思って東京行きを決意しました。

演奏楽曲や感想の方は追記の方に格納します。

内容が非常に長く、ほぼ自分用なので物好きな方のみご覧ください。




シンパシー2013ではPSO2に関する新情報が2つ。

1つ目は、ファンタシースター感謝祭の開催。
こちらについては、公式ページのお知らせの方に詳細があります。



2つ目は夏のアップデート情報。
CODE:EPISODE2

「オラクル崩壊」
「アークスロード」
「フォトナー」
「第3のダーカー」

詳しい内容は一切語られず、断片的な単語のみの発表。

EPISODE1(「終わりの始まり」まで)の謎が次々と解き明かされるようです。



システム的なアップデートでは、

「新惑星」(海岸らしき背景)
「新カテゴリ武器」
「新クラス」
新種族

などの単語が発表されました。

ついに4つ目の惑星、さらには新種族まで。

続報が楽しみですね。



帰宅後はさっそくシンパシー2013の特典アイテムコードを入力。

ギターケース&ソニチ。
pso20130331_165213_002_20130331165906.jpg
側面に穴が開いていますが、薬莢は飛び出しません。



PS25周年ステッカー。
pso20130331_165519_003.jpg
色も青色なので、しばらくこれで固定しようと思います。



そして目玉は、何といっても楽器セット。
pso20130331_171340_005.jpg
グランドピアノ、ドラムセット、リズムギター、ベース、フルート、ヴァイオリン、シ・キダイの7つ。

クーナの「Our fighting」で実際にセッションが出来る優れものです。

せっかくなので全てのグッズを使って演奏してみたいと思い声をかけたところ、深夜2時という遅い時間にも関わらず多くの人に集まって頂きました。

その様子を動画に収めましたので、どうぞ!

(一応頭上表示は消していますが…分かる人には分かるかもしれません)

今後のユニークなグッズの追加にも期待ですね。



以下はシンパシー2013について。(Read Moreから)








Sympathy2013(昼の部)



1.Fanfare
鉄板のPSOOPのフレーズにのせてコンサートの開幕。
ここで既に泣いた人もいるとかいないとか。(私です)



2.Phantasy Star Medley for Sympathy 2013
初代4部作メドレー。
8bitサウンドがオーケストラとして生まれ変わり、今回の演奏で個人的に一番衝撃を受けた曲です。

4部作をプレイしている方は多くないとは思いますが、
PSⅠ・PSⅡの曲はPSOの「A longing to ancient times (VR神殿)」や「Tricktrack (VR宇宙船)」に
PSⅢの曲はPSOBBの「Nostalgia in Solitude (クレーター周辺)」に
PSⅣの曲はPSPo2の「More haste, less speed.(チャレンジミッション最深部)」に
フレーズが使われているので、コンサートに行かれた方は未プレイでも聴き覚えのあるフレーズがあったのではないでしょうか。



3.Phantasy Star Online OPENING THEME ~The whole new world~
「ファンタシースターオンライン」テーマ曲。
おそらく一番有名な曲。
元々がオーケストラ収録の曲ですが、生演奏では迫力も壮大さも段違い。
この曲だけ不思議と拍手がすぐに起こりませんでした。
それだけ思い出に浸っていた人が多かったのでしょうね。



4.Can still see the light ~Phantasy Star Online ENDING THEME~
「ファンタシースターオンライン」エンディング曲。
前半の澄んだメロディ、後半のダイナミックで力強いメロディ、どちらもオーケストラにより奏でられます。
さらにはダーク・ファルスを破り、リコが浮かびあがるシーンまで映し出される憎い演出。



5."IDOLA" have the immortal feather & the devine blade Medley
「ファンタシースターオンライン EPISODE1&2」オルガ・フロウ戦。
冒頭のオーケストラヒット部分は生演奏でより壮大に。
演奏に合わせてオルガ・フロウが落下するシーンも再生され、思い出が甦ります。



6.World with me ~Phantasy Star Online EPISODE2 ENDING THEME~
「ファンタシースターオンライン EPISODE1&2」エンディング曲。
ボーカル曲のフルオーケストラアレンジ。
ボーカル入りとはまた違う雰囲気ですが、どちらも穏やかでいい曲です。
プレイムービーではデルバイツァがフローズンシューターの犠牲に。
ちなみに、エンディング曲が2曲選ばれたのはPSOのみ。
やはり愛されてますね。



7."LET THE WINDS BLOW" -Theme of Phantasy Star Online EpisodeⅢ-
「ファンタシースターオンライン EPISODE3 C.A.R.D Revolution」テーマ曲。
シリーズ唯一のカードゲーム作品。
シリーズ黒歴史なんて言われているこの作品ですが、私にとってはストーリーもBGMも一番好きな作品です。
人気の無さ故今回の選曲には選ばれないと思っていましたが、他のオープニングテーマと並んでセットリスト入り。

カエルムの塔、オーケストラで聴きたかった…



8.Underworld -equilibrium-
「ファンタシースターオンライン EPISODEⅣ」 クレーター地下(非戦闘)。
Underworldは戦闘時のフレーズの方が人気ですが、こちらも名曲。
長く続いたPSOのラストフィールド。
その緊張感・終末感が見事にオーケストラで表現されていました。



9.Phantasy Star Zero
「ファンタシースターZERO」タイトル曲。
元々がオーケストラ調のアレンジなこの曲。DS音源で聴いた後サントラ版のこの曲聴いてその壮大さに驚き、そして今回の生演奏でトドメをさされました。
また、PSZのイベントシーンを字幕なしの大画面で見られるのはこの会場だけですね。



10.たいせつなもの
「ファンタシースターZERO」エンディング曲。
World with meと同じく、ボーカル曲のオーケストラアレンジ。
作曲はどちらも熊谷さん。
オープニング曲の小林さんとエンディング曲の熊谷さん、どちらもファンタシースターシリーズには欠けてはならない存在です。



11.Save This World -Orchestra Version-
「ファンタシースターユニバース」テーマ曲。
Save This Worldのオーケストラバージョンはゲーム内ではもちろん、Sympathy2013の指揮者、天野正道氏自らがリリース&アレンジした「天野正道 Meets SEGA」にも収録されています。
7分を超す曲のためゲーム内では一部分のフレーズを抜き出して使用されていましたが、Sympathy2013では余すところのないロングバージョンでの演奏。
アレンジもよりバージョンアップしていました。



ここからはライブパート。
12.Save This World -νmix-
13.Living Universe
「ファンタシースターポータブル」「ファンタシースターポータブル2」テーマ曲。
ゲーム中でもこの曲を歌っているアネットC.さんが登場。
小林さんのキーボード生演奏にのせて会場が盛り上がりました。



14.Go Infinity feat. Takenobu Mitsuyoshi
「ファンタシースターポータブル2インフィニティ」タイトル曲。
サウンドトラックにも収録された、光吉さんバージョンのIgnite Infinity。
インフィニッティーの部分は観客も参加。

酒井P「皆さんもインフィニッティーと叫んでくださいね」
   「いつやるの?今でしょ!」



ここでセットリストには無いサプライズ曲が。
光吉さん「今日ここに来ている人でこの曲を知らない人はいないよね!」

Burning Hearts ~炎のangel~

「バーニングレンジャー」テーマ曲。
光吉さんといえばやはりこの曲。
アネットC.さんも加わり会場のボルテージは最高潮に。



15.Ignite Infinity
「ファンタシースターポータブル2インフィニティ」テーマ曲。
再びアネットC.さん登場。
ライブパート全般に言えることですが、やはり生ボーカルは迫力が違いますね。



ライブパートは終了、オーケストラ演奏が再開されます。
16.Title - PSO2 -
「ファンタシースタオンライン2」タイトル曲。
オーケストラ向けの曲ではないと思っていましたが、サイバーな雰囲気を残しつつ穏やかなアレンジに仕上がっていました。
殆どの曲は演奏と同時に原曲も流しているのですが、オーケストラと見事にマッチしていたと思います。



17.Stage Medley - PSO2 -
森林→火山→砂漠→凍土→浮遊→遺跡のメドレー。(坑道は…)
8曲目のUnderworldは非戦闘時のみでしたが、こちらは両方のフレーズが演奏されました。
ゲーム中と同じように非戦闘→戦闘の切り替わりが自然で、ヴァイオリンのメロディラインがとても印象的でした。



18.Dark Ragne
「ファンタシースターオンライン2」ダーク・ラグネ戦。
部位破壊をするとフレーズが変化するこのボスですが、ダウン時のフレーズと部位破壊後のフレーズも演奏されより壮大なものになりました。
好きなBGMですが、多人数プレイで一度ダウンさせるとそのまま倒し切ってしまうのでなかなか部位破壊後のフレーズを聴く機会がないのですよね…



19.Big Varder & Quartz Dragon Medley
「ファンタシースターオンライン2」ビッグヴァーダー&クォーツ・ドラゴン戦。
ビッグヴァーダー戦BGMの重厚感、クォーツ・ドラゴン戦BGMのスピード感はそのままに、より豪華に。
初めて聞いたその瞬間から独特の世界に引き込まれる向井さんの曲、聞けば聞くほど好きになる小林さんの曲。
どちらも大好きです。



20.Falz Arm & Dark Falz Elder Medley
「ファンタシースターオンライン2」ファルスアーム撃退率80%&ダークファルス・エルダー戦。
ファルス・アーム戦にはPSOの「Cry, For IDOLA The Holy(ダーク・ファルス第3形態)」、エルダー戦にはPSU「The Last Story(ダーク・ファルス最終形態)」のフレーズが使われており、新旧どちらのファンも楽しめる曲ですね。
終盤のPSO2OPに差し替わる演出もフルオーケストラでもちろん再現。

余談ですが、同時に再生されていたプレイムービーでエルダーにオーバーエンド。そこ壊れない腕ですよ!



セットリストの全楽曲が演奏され、Sympathy2013も終わりと思いきや…

For brighter day -Orchestra Version-
ここでまさかのサプライズ2曲目。(「ファンタシースターユニバース」エンディング曲。)
反則ですよ…

「The light of hope will lead us to a brighter day.」
(希望の光が、私たちを輝ける明日に導いてくれるだろう。)

私にとっての希望の光は、このファンタシースターシリーズ。
「未来へ向かって」これからも応援し続けますよ!



(おまけ)
中さん「謝り慣れたでしょう?」
酒井さん「そんなことないです」















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top