2012 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312012 07

激闘!椅子レース!

大型アップデート2013「Code:EPISODE2」第3回実装!


スクラッチの更新がありましたが、今回の本命はそちらではなく…
pso20130808_010907_018.jpg
フォトンチェア!

PSOユーザーにはお馴染みですね。

水色をマイカラーとしている私はもちろんSKYLYのフォトンチェアを選択。

これでもうロビーを足で移動することはありませんね…



時は遡ること強化ダークファルス予告最終日。

予告期間前のブレイバーのLVは50でしたが、23時の最後のダークファルス緊急でギリギリLV60達成です。
pso20130806_235227_005.jpg
経験値+50%のブーストが無ければ厳しかったですね。

EP2から新たに追加された初の遠近両対応クラス「ブレイバー」。

ブレイバーが扱える新カテゴリ武器2種とサブクラスとの組み合わせについて、個人的感想をまとめておきます。




・カタナについて
通常攻撃の攻撃速度が非常に速く、通常攻撃JAループでもそれなりのダメージを与えることが可能です。

転倒付き広範囲のカンランキキョウ、安定したダメージとチャージ時弾かれ無効のサクラエンド、敵に素早く接近することのできるアサギリレンダンなど便利なフォトンアーツが多いですが、総じてDPSは低め。

対ボス戦よりも対雑魚戦向けのカテゴリでしょうか。

現状最強カタナの要求値も320と低く、より高性能のカタナ実装が待たれます。

カタナコンバットは対空性能・ダメージ共に優秀ですが、効果時間が短くリキャスト時間も非常に長いので、カタナコンバットが使えない時間をどう過ごすかも重要になります。



・バレットボウについて
射撃武器の中でも高火力な部類ですが、一番の欠点は燃費の悪さ。

通常射撃の段数を増やす(=PP回復量が増える)ラピッドシュートは必ず習得しておきたいところ。

フォトンアーツは単体向けのものが多く、その真価はボス戦にて発揮されます。

吸引効果や貫通効果を持った複数向けのフォトンアーツも存在しますが、敵の数が多い場合は素直にカタナやガンスラッシュに持ち替えた方が無難。



・サブハンター
打撃と射撃両方にダメージボーナスを得られるフューリースタンスとの相性は抜群。

おそらくメインブレイバーの方に一番多い組み合わせではないでしょうか。

カタナやバレットボウでの戦闘はもちろん、ラムダパティルメリアやネイクローといった全クラス装備可能のハンターカテゴリ武器やガンスラッシュを用いた立ち回りも有効です。



・サブレンジャー
ウィークヒットアドバンスとスタンディングスナイプを両方発動できればサブハンターにも引けを取らない威力。(射撃武器限定)

しかし、カミカゼアロウは射撃力依存打撃属性のため、上記スキルは適用されず。(なぜかヘッドショットは可能)

全クラス装備可能なライフルを使用すればウィークバレットでの支援が可能というのもサブハンターにはない魅力。



・サブフォース
ウィークスタンスは弱点部位へのダメージが上昇するスキルですが、法撃のみ弱点部位でなくても弱点属性を突くだけでダメージボーナスを得られます。

ウィークスタンス系のスキルをすべて習得すればファイターのブレイブスタンス以上の倍率に。

アンブラステッキやラビットウォンド、宝剣バルムンクなどの全クラス装備可能な★10以上の法撃装備があればテクニック主体でも十分なダメージを出すことが可能です。



・サブファイター
打撃射撃法撃問わず威力を底上げできるブレイブ&ワイズスタンス。

相性は悪くないですが、フューリースタンスの上方修正によりファイターをサブに選ぶ意味は薄くなりました。

カタナコンバットの自動追尾で敵に近づくと、逆方向判定になってしまうこともしばしば。

ハンターに比べてSPが余りやすいので、育成初期はラムダサリザニアの要求値を満たすために打撃アップに多くSPを振りサブファイターで運用していました。



・サブガンナー
ゼロレンジアドバンスは射撃限定のため、レンジャー同様カミカゼアロウには適用されません。

エアリアルアドバンスを狙う機会もほとんどなく、唯一全ての攻撃にダメージボーナスを得ることができるパーフェクトキーパーは120%とアベレージスタンス+アベレージSアップとほぼ同等という控えめっぷり。

アタックPPリストレイトでバレットボウの燃費の悪さは少々改善されますが、やはり基本クラスと比べると威力不足になりがち。



・サブテクター
風、光、闇属性のテクニックはサブフォース以上の威力を期待できます。

しかし、チャージPPリバイバルを習得できないため、法撃主体で戦うにはPP面での不安が残ります。

エレメントウィークヒットがEP2以降打撃・射撃にも最終ダメージに適用されるようになり、よりサブクラス向けとなったテクターですが、それらの威力を上げるにはやはりサブハンターが優秀すぎる現状。



実用的な組み合わせはBr/Hu,Br/Ra,Br/Foあたりでしょうか。

流石は基本クラス。



カンスト後は新緊急「ビーチウォーズ」でキューブ獲得ギリギリまで経験値稼ぎ。
pso20130809_230917_000.jpg
バレンタインやホワイトデー緊急と同じくエリア1がマルチパーティーエリア、エリア2がナウラのケーキ屋が出現するシングルパーティーエリアという構成。

必要ポイントが非常に多いので、長くマルチエリアに留まることができます。



そして、最後の微調整。
pso20130810_000807_005.jpg
残りEXPが2桁かつ下1桁が1か6の状態でザウーダン討伐(ノーマル)へ。



(残りEXP-1)/5の数だけガルフ(5EXP)、ウーダン(5EXP)、ナヴ・ラッピー(5EXP)のいずれかを倒し、残りEXPを1にします。
pso20130810_000814_006.jpg



これでテクター以外の全てのクラスの残りEXPが1になりました!
pso20130810_001300_007.jpg
レベルキャップ開放の10月までは本職のテクター生活を満喫します。


【4日間の成果】
ブレイバー(1st):LV59→60

サーハリング
リドゥルティブ
リドゥルティブ
ビーチシェード
ラムダハードクォーツ















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top